×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

韓国ゆず茶

ゆず茶は韓国で広く飲まれているお茶です。最近の韓流ブームの影響もありゆず茶の認知度もだんだん高まっています。韓国のゆず茶は、お茶といっても茶葉を使うわけでなく、ゆずを皮ごと使い、はちみつや砂糖を漬け込み、ジャム状にしたものをスプーン2〜3杯とりお湯にとかしてできあがります。冬場に飲むと身体の芯まで温まりますが、ゆず茶を冷やして飲んでもさわやかなゆずの香りが口中に広がっておいしい飲み物なのでお勧めです。その他にも紅茶に入れたり、焼酎で割ったりといろいろな飲み方が楽しめます。またジャム状なので、トーストにぬったり、ヨーグルトにかけたりしても楽しめます。
ゆずには豊富なビタミンCやコラーゲン、鉄分などが含まれていて疲労回復、風邪予防、そして女性に嬉しい美肌効果も期待できます。そして、デトックス効果もあります。
ゆず茶を寝る前に飲むことで、デトックス効果を促進します。さらに、ゆず茶には精神を安定させる働きもあり、眠れないときに飲むと効果を発揮します。ゆずに含まれるコラーゲンは、体内の細胞を活発化させ、脂肪を燃焼させることができます。ダイエット効果もあります。

スポンサード リンク

ゆず茶の効能

ゆずは昔から風邪予防に最適といわれています。
寒い日には、冬至だけでなく、ご家庭でゆず風呂に入っている方も多いのではないでしょうか。ゆず風呂に入ったあとは体中が体の心まで温まります。
ゆずは風予防のほかに美肌効果もあるといわれています。ゆずには何とビタミンCがレモンの3倍も含まれています。ゆずの皮を細かく刻んで手に塗り込めばしっとりしますね。美容や健康にいいゆずを使ったゆず茶をご存知でしょうか?
ゆず茶は韓国の伝統的なお茶の1つで、ゆずの皮を薄切りにし、その皮を蜂蜜などに漬けこみ、ジャム状にしたものをお湯に溶かして飲みます。ホットレモンと同じ感じですね。ゆずと同様、ゆず茶にも豊富なビタミンCが含まれています。ゆず茶には、ビタミンC以外にも鉄分、ミネラル等、たくさんの栄養素が含まれています。しかもお湯に溶かすだけで作り方も簡単です。。忙しい現代人にとって、また栄養が偏りがちな人にとっては、ほっとレモンと同様嬉しい飲み物ですね。
ゆず茶の効能としては、美肌効果や風邪予防の他にも、疲労回復・抗癌効果・毛細血管の保護・消化の促進及び新陳代謝を円滑にするなどの効果があります。

ゆず茶の作り方

ゆず茶は韓国で一般的に飲まれているお茶です。
日本でもゆず茶はスーパーなどでもよく見られるようになってきました。
ゆず茶といっても茶葉ではなく、ジャム状のペーストを瓶詰めしたものが一般的です。
ゆず茶の作り方について
一般的な材料は、ゆずと氷砂糖の2つを使います。まず、ゆずを水洗いして、へたを取り除いた後、ゆずを縦に切ります。そして、ゆずの種を取り除いた後、短冊状に切ります。続いて、例えばジャム容器などの口の広い瓶に、ゆずと氷砂糖を交互に入れていき、入れ終わったら、ふたをしっかり締めて、氷砂糖が溶けるまで瓶を時々振ります。出来上がりの目安は大体2週間くらいです。ゆずと氷砂糖が全部溶けきるとできあがりです。できあがった後は、別の容器に移し替えて、冷蔵庫で保存します。
氷砂糖の代わりにハチミツを使ってもおいしくできます。
できあがったゆず茶は、お湯に溶かして飲むだけでなく、ヨーグルトに入れたり、パンにぬったり、ソーダ水に入れてゆずサワーにしたりと様々な活用法があるのでいろいろとアレンジして試してください。

Copyright © 2008 韓国ゆず茶の効能と作り方